少し前まではFC2ブログでイケイケオラオラに展開出来たアダルトアフィリエイトですが、今や規制強化の為、自社運営を強いられており、多くのアフィリエイターはワードプレスで運営が主となっています。

そのFC2メインの頃は相互リンクによりアクセストレードし合ってお互いのアクセスを上げることで、いわゆるWin‐Winの関係を築くことが出来たのですが、今はどうでしょうか?

 

そもそもアクセストレードは必要だったのか?

と言うところえを掘り下げて行きます。

 

 

アクセストレードにより60uuが600uuアクセス!

 

 

アクセストレードは今でも必要か?

 

まず、相互リンクのアクセストレードと言うと騙しリンク!

 

なんて印象が強いです。

 

騙しリンクとは、相互リンク先のサイトへアクセスを送る為に、無料動画はこっち>>みたいなテキストリンクで誘導し、実は動画では無く、全く無関係なまとめサイトだった・・・

 

おそらくアダルトサイトを覗いた事のある人なら必ず、そんな事態に直面した事があるかと思います。

 

実はあれは相互リンク先のサイトにアクセスを送っているのです。

 

 

なので、騙しリンクと言ってもお金を騙し取る訳ではないので、ご愛嬌と言う事で済まされていたのですが、いつしかワンクリック詐欺が横行する様になってしまったのと、Googleの巡回ロボットの進化によりSEOの面から、騙しリンクはほとんど使われなくなりました。

 

私がアクセストレードを始めた事には、ほとんどのサイトが騙しリンクを貼っているサイトとは相互リンクしません!と言う注意を促すサイトがほとんどでしたので、やはり騙しリンクはほとんど使ってはいませんでした。

 

また、逆アクセスランキングと言うツールもあるのですが、今ではほとんど効果が無いのかもしれません。

 

ただ私はFC2ブログ時代から付き合いのあるサイトと相互リンクを長年している為、逆アクセスランキングはつけています。

 

逆アクセスランキングとは?

 

逆アクセスランキングとは、相手からのサイトからアクセスがあった時に、相手のサイトのURLが表示されるものです。

 

つまりどこからアナタのブログに訪れたのかわかるツールです。

 

 

アクセスランキング>>

 

 

これがランキング形式に表示されるので、上位のサイトであれば、気づいた訪問者がその上位表示されているサイトを訪れる可能性があり。このやり取りでお互いのアクセスを高めて行きます。

 

かつてアクセストレードにより60uuだったブログが600uuになった経験があり、それには驚かされました☆

 

だからと言って売り上げが上がるのかと言うとそうでもありません!

 

また、相手にとられてしまうのでは?

 

その考え方も少し違う気がします。

 

数年経ってもお互いに相互リンクをしたいると、ユーザーも安心するでしょうし、相手のサイトとWin‐Winの関係を築ける事は明白です。

 

そして何より、アクセスが落ちないのはありがたい事なので、全てのサイトではありませんがアクセストレード様サイトは一つ合っても良いのでは?と言う感じですね。

 

 

勿論、下品なまとめサイトを作れと言う事ではありません!

 

このあたりはお間違いなく!!