サイトのメンテナンスだけでもアクセス回復!

アクセスアップ - アダルトブログを運営する - ワードプレス - 実践する

あなたはサイトのメンテナンスを行っていますか?

 

最近アクセスが落ちた・・・

 

もう・・需要がないんだ!とか諦めていませんか?

 

ちょっとしたメンテナンスでアクセスが回復しますのでご紹介したいと思います。

 

 

これじゃ~売れない!100uu以下に・・・

アダルトアフィリエイトサイトメンテナンスでアクセスアップ

 

 

某マニア系のサイトのアクセスが恥ずかしいくらいに落下していたのですが、これではサイトアフィリエイトやってます!

 

アダルトアフィリエイトやってまず!なんて言えないのも事実!

 

しかも偉そうに情報発信までしているのだからこれはヤバい( ;∀;)

 

なので、今に適した対策を取ってみました☆

 

そしてその結果、少し復活してきました☆

 

 

その対策とは?

 

対策は以下の事を行いました。

 

ちなみにワードプレスサイトです。

 

[normal_box color="red" border="b3"]

 

○SSL化。中途半端なSSL化にならないようにアクセス解析、アクセスランキングもSSL化対応に変更。

 

○ワードプレスなので、バックリンクチェッカーと言うプラグインでリンク切れを全て直す。

300以上ありました( ;∀;)

 

○アフィリエイトリンクを画像に使わず、テキストリンクのみに使用する。

 

○リンク切れを直すと同時に文字数を増やす。300文字を約800から1200文字くらいにする。

 

○タイトルの文字数は32文字に収める。
※SEOよりも見やすくする為。

 

○hタグを適切に使う。中見出しは特に。
※使っているテーマによって、中見出しのhタグが違うの注意が必要。

 

○サイドバーはなるべくスッキリと見やすくする。

 

○FC2ブログからのなごりで3カラムだったのを右2カラムに変更。

 

[/normal_box]

だいたいこんな感じで80uu(ユニークアクセス)前後だったのが300uuに回復しました!

また、Googleからの流入が著しく増えました。

 

アダルトアフィリエイトサイトメンテナンスでアクセスアップ

 

 

ちなみに私の場合、2015年時には1日900~1000uuだったのでまだまだですね。

 

※アフィリエイト報酬はサラリーマンの月収くらい。

 

※ちなみにこの2015年にFC2ブログから卒業証書授与されましたw

 

 

しかしながら、ライバルは500uuで月に30万円のアフィリエイト報酬まで到達しているので、アクセスを求めているだけでは仕方がないのですが、まずは面いサイト作り、その人のためになるサイトづくりを目指すことが大前提です。

 

Googleは、アフィリエイトリンクベタ貼りの金の亡者サイトは嫌います。

 

そのサイトを訪れたユーザーもその様なサイトを嫌います。

 

Googleはある意味正直ですね(笑)

 

また検索が2次絵、2次元が上位なので、アフィリエイトサイトとしてではなく、ある意味自分のコンテンツだけでもアクセスが集まるサイトになっているのも強みです。

 

まずは売り上げの事ばかり考えるより、訪問者は来ているのか?

 

それを考えましょう!と言う話しです。

 

 

私はこのサイトでも書いていますが、0初心者にはまず、100uuを目指しましょう!と教えます。

これが一つの壁になる様ですね。

 

※ちなみにuuとはよく聞くpv数ではなく、1日に訪れた1人のユーザーの数で、同じユーザーが再訪問してもカウントされません。

 

 

 

次にやる事はキャッシュポイントを見極めめる!

アダルトアフィリエイトでキャッシュポイントを見極める

 

 

ある程度回復をしたら、キャッシュポイントを見極めて、売り上げを増大させて行く流れですね。

 

訪問者が何を欲しがっているのか?

 

アダルトアフィリエイトの場合、ほとんどのユーザーが無料動画で済まそうとしているので、無料動画は危険もありますが。それ以前に見づらいと言うところがまた指摘出来るポイントとなります。

 

また見づらいにプラスして中途半端に終わるのもまた無料動画になりますので、この辺りを踏まえて、有料動画へ誘導して行くのも一つの手段と言えそうですね☆

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL