【必読】まずは、コピーライティングを学ぼう!!

コピーライティング - 実践する

 

 

 

進め一億火の玉だ!

 

これは戦時中に掲げられたスローガンです。

2016年4月~9月放送のNHK連続テレビ小説とと姉ちゃんで戦時中のシーンで多くポスターとして使用されていましたね。
このドラマの主要な登場人物である、花山 伊佐次(唐沢寿明)が進め一億火の玉だ!を考案しているシーンもありました。

 

 

この花山 伊佐次と言うキャラクターのモデルは、花森安治(はなもりやすじ)と言う人物で、生活雑誌『暮しの手帖』の創刊者であり、戦時中は大政翼賛会の外郭団体に籍を置き、国策広告に携わる仕事をしていた様です。

 

進め一億火の玉だ!や「欲しがりません 勝つまでは」などの有名スローガンは、花森が考案したのか、公募で選んだか?不明ではありますが、コピーライターとしてもその才能を発揮していた様ですね。

 

これらのスローガンを採用したとしても、それを見抜くセンスは抜群です。

いずれにしても、もの凄いインパクトがある事に違いありません。

 

戦争なので良いとは言い難いのですが、この様なコピーは大変参考になります。

 

きっとこの方がアフィリエイトに参加したとしても、人の目に止まるタイトルを考え出して、たちまち人気コンテンツとなる事は間違いありません☆

 

 

アダルトアフィリエイトでもコピーは必要?

 

進め一億火の玉だ!の様なインパクトのスローガンですが、これからアナタが運営していくブログのタイトルや見出しに、インパクトさが求められる事は必須です。

 

つまり、コピーは必要です!

 

最近では、必要ではないとう声もありますが、もっと言うと、コピーを身につけた方が面白いと思うんです☆

 

アダルトアフィリエイトは、文で訪問者を楽しませて、画像で性欲を駆り立てて、それを導線に動画の制約に繋げる仕事です。

 

はっきり言うと、訪問者は文章なんてほとんど読まないものです。

 

目に映るエロ画像、動画、ブログタイトルのみだ言っても過言じゃありません。

 

なので、コピーを学価値は十分にあるのです。

 

Web上、インターネット上で表現するコピー、いわゆるコピーライティングになります。

 

 

 

コピーライティングを最速で身につける!

 

コピーライティングを最速で身につけるには?

 

それはコピーライティングを教えているセミナーに参加し、その後添削指導してくれるところが良いでしょう。

 

しかしながら、それではアダルトアフィリエイトに取り掛かる時間が削られてしまいますよね?

 

そこで、最も有効なのは、本を読む事です。

 

本であれば、パソコンの横に置いて、休憩を兼ねて読む事が出来ます。

 

じゃあ、コピーライティングを学べる本とは一体?

 

私的にはこれからアフィリエイトではないにしろ、インターネットビジネスを展開する上で必読だと思っている本があります!

 

 

 

それが、ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックです。

 

 

上場企業のエリートサラリーマンの年収を大きく超える額をチャージし、さらにそこから売上の10%のロイヤリティがかかる。これほど日本 で最高クラスの料金設定にもかかわらず、「書いてください」という人が後を絶 たない。

 

そんな凄腕のコピーライターであり、ダイレクト出版株式会社 取締役の寺本 隆裕氏が惜しみなく、コピーライティングのいろはをパッケージ化(書籍)したのが、ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックです。

 

 

 

 

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック

ウェブセールスセールスライティング習得ハンドブック

 

 

 

とにかく読みやすいのが特徴的で、ココまでわかりやすい本はなかなかありません!

 

アフィリエイトに特化していないので、様々な分野での応用が効く内容になっており、当然の事、アダルトアフィリエイトでも存分に生かしきれることでしょう!

 

 

是非このウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックを手にして、最初の1万円を手に入れるべく、アナタにとっての最強の武器を手に入れて下さい☆

 

 

⇒今すぐウェブセールスセールスライティング習得ハンドブックを手に入れる!

 

 

 

関連記事
コメント
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

トラックバック
トラックバックURL